FC2ブログ
ちくらひろしの演歌と島唄
鹿児島にて島唄と艶歌の活動をしています。BTVケーブルテレビで番組を担当したり、各種イベント、カラオケ教室なども行っております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の紀州路
紀州和歌山は、私のイメージでは、のどかで住みやすいところであるという想いがあった、ところが、海岸まで岩山が迫り、黒潮が激しくその岩を砕く、今にも岩陰から海賊が現れそうな、そんな厳しさのあるところである、その為か,この熊野路には数多くの大蛇伝説がある、旅の僧安珍に恋焦がれ、後を追いかけ道成寺の梵鐘の中に隠れた安珍を、嫉妬で大蛇となった清姫が怨念の炎で焼き殺す、という、娘道成寺の物語などもそのひとつである、この物語は、世間知らずの箱入り娘が、美しい旅の僧に一方的に恋をして、相手にされずに、嫉妬するという物語である、どこか不自然である、私の勝手な想像であるが、昔,高野聖と呼ばれる、雲水の中に、信仰心を利用して悪事を働く悪い輩がいたという、その悪いやつが世間知らずの娘さんを弄んだ、一途な娘は、だまされているとも知らずに、その旅の僧に恋焦がれて狂ってしまった、ふと気が付くと、娘はその旅の僧を殺していた。というのが自然かもしれない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

ちくらひろし

Author:ちくらひろし
島唄と艶歌



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。